にきび痕がクレーターになってしまったら

大人の人がにきびになってしまうと、その経過しだいではクレーター状態に痕がなってしまう可能性があります。

こうなってしまったら自然治癒力ではどうしようもありません。

ですから、レーザー治療をしてみることをお勧めしたいと思います。

にきびが出来てしまって、その治療を行っている場合、治療が失敗する可能性があります。

そうするとにきび痕がクレーター状になってしまうことがあります。大人は10代の頃に比べて新陳代謝が活発ではありません。

ですから傷も治りにくくなってしまいますので出来れば皮膚科などの専門医に相談してみることが大切となります。

主な治療方法としてはケミカルピーリングやレーザー治療などがあります。

しかし初めてこの方法を行おうとする人にとっては、どの位痛みがあるのか、失敗しないのかどうしても躊躇してしまいます。

現在ではケミカルピーリングもレーザー治療もどちらもにきび痕の治療としては確立しておりますので、さほど不安になる必要もないと思います。

また治療には時間も料金もかかりませんので安心して治療をしてください。

しかし、こういった治療をしなくてもいい場合もありますので、できれば形成外科、皮膚科などを受診して、自分の肌状態を診てもらい最適な治療方法を施してもらうことがいいと思います。

そうしてもまだ心配な場合なら、セカンドオピニオン的な考えとして別の病院に行ってみて別な診断をもらってみることもお勧めします。

ルエモ ダイエット ティモシエ
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕の治療方法には何があるのか

にきびの痕を完全に治すのは難しいとされています。

肌の真皮部分のコラーゲンが破壊されてしまい、皮膚が陥没してしまうことがにきび痕の原因です。

にきび痕にはさまざまなタイプがありますので、治療もその数分あると言うことになります。

【ケミカルピーリング】

ケミカルピーリングは比較的にきび痕が浅い人に有効な治療法です。ケミカルピーリングをすることにより肌の表層部分を一定の深さで剥がしていくためです。

【グラインダー】

にきび痕が凸凹状になっている人に使用する治療法ですが、出っ張っている部分を削るという治療法になっています。

ただし注意点としては、削った部分が色素沈着してしまってシミになってしまう場合があるようです。

【炭酸ガス+コラーゲン】

にきび痕の凸凹した部分に炭酸ガスレーザーを使用してまずは平らにします。

その後破壊されたコラーゲンを注入することにより、より平らに近づけます。ただしコラーゲンというのはたんぱく質ですのでいずれは体内に取り込まれてしまう物質になります。

ですから肌の状態を保つためには年に1〜2回位のコラーゲン注入処理が必要になると思われます。

こう書いているとちょっと怖いような大げさなような感覚になってしまうかもしれませんが、ちょっとしたプチ整形をしているような感覚で気軽に治療してみてはいかがでしょうか。

以上のように肌状態によりさまざまな治療法があります。

ご自分に合った治療法で治療するよう専門の医師などに相談しましょう。

ミセスメイ シトルリンΩ 効果
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕は何故できるのか?

にきびと言うと10代の人によく出ているといったイメージがありますよね。

そのとおり、にきびは思春期の男女の多くの人にでていて、思春期には性ホルモンの分泌が増加されるので、皮脂の分泌も多くなるということが原因のようです。

皮脂が増えると毛穴を塞いでしまいます。

そうなると後からでてきた皮脂が皮脂腺から出られなくなり、にきび菌と交じりあって様々な炎症を起こすようになります。

これがにきびと言うことになります。

にきびができてしまうと気になって触ったり、潰したりしてしまう人がいますがこうしてしまうと痕が残ってしまう可能性があります。

にきびは10代の思春期の時期にしかできないと思っている方がいたらそれは間違いです。

20代でも30代でもにきびができる人はできてしまいます。
この差は遺伝的要素があるようです。

思春期のときのにきびはともかく、大人になってからのにきびは放っておいてしまうと炎症も酷くなってしまったり、治りにくくなってしまったりしてしまいます。

そうなると、にきび痕が後から後からできてしまい、最悪の場合には消えなくなってしまう可能性もあるのです。

ですからきちんとケアや治療をするようにしてできてしまったにきびの痕を残さないようにすること、またはにきびを出来ないようにすることがとても大切になるのです。

にきびができてしまったら「たかがにきびでしょ」と軽く見ないようにすることが後々きれいな肌を守る秘訣となります。

ルエモ 口コミ OLダイエット 効果
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕治療『イオン導入』

にきび痕の治療方法として「イオン導入」という方法があります。

この方法は美容成分を微量の電気を使用して肌の深くにまで浸透させるという方法です。

ではこの方法がどうしてにきび痕に効果的だというのでしょうか。

結果的に言うとイオン導入単体だけではにきび痕の治療法としては効果がありません。

しかしビタミンC誘導体のような有効成分とイオン導入とを組み合わせることによってにきび痕に効果が現れると言うことになります。

組み合わせの効果はイオン導入しない場合と比較してみても50〜100倍は違うようなのです。

そんな効果的なイオン導入ですが、昔はエステや皮膚科などの専門の機関においてでしかできなかったので時間もお金もかかっていたのですが、現在ではイオン導入の機器が市販されるようになったために手軽に家庭でできるようになっています。

使い方は機械によって異なりますが有効成分を含ませたコットンを顔に乗せてその上から機械をゆっくり当てていきイオンを導入すると言ったものです。

より効果的なのはイオン導入の前にイオン導出をしておくということです。毛穴に詰まっている皮脂やファンデーションの残りなどをすべて取り除いた上でイオン導入を行うとより効果的になるということです。

イオン導入自体は肌が弱い人でも大丈夫なのですが、使用する化粧水に関しては自分に合ったものを使用するようにしてください。

また毎日行う必要もなく、3日に1回位の割合で行うといいと思います。

リバイオ ペニス増大法 通販 激安
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕治療に新型ビタミンC 誘導体

にきび痕の治療方法として有効なものに新型ビタミンC誘導体と言うものがあります。

これはにきび痕に効果があると言われているリン酸型ビタミンC誘導体にパルチミン酸を結合したもので、さらに効果が期待できるものです。

他にアプレシエやAPPSとか呼ばれているみたいです。

お肌への浸透効果ですが普通のビタミンC誘導体と比べてリン酸型ビタミンC誘導体は10倍の浸透率、新型ビタミンC誘導体はさらに100倍の浸透率と言われていますから通常の1000倍の浸透率ということになります。

効果はリン酸型ビタミンC誘導体と同じようでメラニンを薄くしたり、コラーゲンを生成したり、抗酸化作用があったりということでにきび痕に効果がありますが、効果はリン酸型以上ありますのでさらに嬉しいビタミンC誘導体だと思います。

このAPPSローションはなかなか届かないと言われている肌の真皮層部分にまで届く有効成分で、にきびやにきび痕の治療はもちろんのこと、アンチエイジングなどでも注目を浴びているようです。

また、市販されているものにAPPSローションと言うものがあります。

これは使い方も簡単で通常の化粧水のように顔にまんべんなくつけてあげるだけでいいみたいですし、さらにフェイスマスクやホットパックなども併用させるとさらに浸透率が上がります。

個人差がありますが、まれに刺激を感じてしまう人もいるようですので、ミネラルウォーターなどで薄めたものを使用するなどして肌を慣れさせてあげるようにしましょう。

エピソニック ヘルシーボ 皇潤 激安
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。