にきび痕が発生してしまう経緯

にきび痕と言うのはにきびを悪化させてしまった結果に起こるものです。

言ってしまえばにきびにさえならなければ、にきび痕も起こらないということになるのです。

ですからトラブルの大元のにきびが出来るのを予防したり、にきびが出来ても治療したりすることがとても大切なのです。

にきび痕が発生してしまう経緯は以下の通りとなりますので参考にしてみてください。

【にきびができる】
    ↓
【炎症が進んでしまう】
    ↓
【にきび菌が増殖してしまう】
※皮膚が弱くなってしまうためにさまざまな菌が入る可能性も高くなります。
    ↓
【膿胞へ変化する】
    ↓
【組織の破壊】
※菌が皮膚の真皮部分にまで達してしまい、組織を破壊していきます。
    ↓
【表皮細胞の活性化】
※皮膚が再生しようとして活性化する現象です。
    ↓
【色素の細胞の活性化】

というような流れでにきび痕が出来てしまうということになります。

また、にきび痕ができてしまう原因としては、にきびケアが間違っている場合、にきびを放置した場合、寝具など肌に触れるものが不潔なため菌が増殖してしまった場合、などが挙げられます。

にきびは悪化させてしまうと痕になってしまう可能性が高いので、にきび治療とにきび痕治療を並行に行っていくとより効果的なのではないかと思います。

にきびができる原因、できる流れをよく把握するようにして、にきび自体を甘くみないようにして治療を進めていくことが、結果的にきれいな肌が取り戻せることに繋がるということになると思います。
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。