にきび痕=傷

にきび痕というのは、簡単に言ってしまうと「傷」ということになります。

大人になって出来てしまったにきびを潰してしまったり、薬も塗らずに放っておいたりすると皮膚組織が破壊されてしまいます。

この破壊された皮膚状態のことを「にきび痕」「クレーター」などと呼ばれています。

一般的ににきび痕は「傷」と同じような扱いになります。

傷というのは時間が経つと自然に消えていくものですが、傷がひどい場合は治りきらずに傷跡が残ってしまう場合があります。

傷を肌に作ってしまうと皮膚にある「繊維芽細胞」という細胞がコラーゲンを作り出して出来た傷を修復しようとします。

これは新陳代謝がうまく働いているときにはうまくいくのですが、傷口の周囲部分の新陳代謝が悪い場合は傷の修復自体がうまくいかなくなってしまいます。

そうなると傷痕が残ってしまうということになります。

通常の場合、傷をしたら修復するまでは6ヶ月〜1年位かかります。

しかし、傷が何らかの理由により化膿してしまったり、傷口が修復せず長期にわたってしまったりして治らない場合は、「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」という傷口が赤く盛り上がってしまう状態になってしまいます。

これは傷口が修復していく状態のときにコラーゲンの算出が過剰になってしまった場合に起こる状態のことです。

この状態を「ケロイド」というように呼ぶ方もいます。

このように、にきびの痕というのも傷と同じだということがわかると思います。
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。