にきび痕の種類

にきび痕というのは大きく分けてみて3つに分かれると思います。

・赤みが残るタイプのにきび痕
・色素沈着が残ってしまうにきび痕
・にきびが凸凹して残ってしまうにきび痕

以上のような3つのタイプに分かれます。どのタイプに属するかによって対策方法が違ってきます。

ここでは赤みが残るにきび痕についてご説明してみたいと思います。

にきびの痕が赤く残るということは、炎症が肌の内部に残ってしまっているために起こっている赤みになります。

この炎症というのは時間をかけることにより沈静してくれますので結果的には消えるものだと思います。

では、どれだけの時間が経つと赤みが消えるのでしょうか?

それは個人の体質、肌質によって違いますので一概に言えませんが、早い人で数日〜数週間、遅い人では最悪数年間経ってしまう場合もあります。

対策法ですが、赤みがあるにきび痕は炎症が原因となっていますので、にきび痕に効果がある成分が配合されているスキンケア化粧品を使うことが効果的なのではないかといわれています。

たとえばビタミンC誘導体やフラーレンなどの抗酸化成分が入っていれば炎症を沈静させてくれるのではないでしょうか。

また、赤みが残ってしまった場合には外を歩くときなど紫外線に注意するようにしなければなりません。

紫外線というのは炎症を促進させてしまう効果がありますので、治りが遅くなってしまいます。

また、紫外線を浴びすぎてしまうと、炎症が悪化し色素沈着してしまう可能性もありますので是非注意したいところだと思います。
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。