紫外線とにきび痕

にきび痕と紫外線について説明してみたいと思います。

紫外線をよくUVと言いますが、これは太陽光に含まれている目に見えない光成分の事を指しています。

この光成分には強いエネルギーが含まれているようなのです。

紫外線には3種類の種類があって、紫外線A波と呼ばれるUVA、紫外線B波と呼ばれるUVB、紫外線C波と呼ばれるUVCがあります。

紫外線3種類のうち、UVCはオゾン層で既に吸収されてしまうために、私たちのところまで届くことはありません。

ですから私たちが肌で感じることができる紫外線というのはUVAとUVBの2種類になります。これがにきび肌にダメージを与えたり、にきび痕を残しやすくしたりしてしまう原因となるのです。

UVAという紫外線は波長の長い紫外線です。

この紫外線を浴びてしまうと、ヒアルロン酸が分解されてしまいます。

このヒアルロン酸というのは肌の水分保持に関係している成分で無くなってしまうと肌の乾燥が進んでしまい、肌が硬くなる可能性があります。

肌が硬くなってしまうとにきびの痕も残りやすくなってしまう肌質になる可能性があるということになるのです。

またUVAはコラーゲンなどの肌弾力に関係ある成分も壊してしまうために、にきびの痕を凸凹状にしてしまう原因となってしまいます。

ですからにきび痕を残さないようにするためにも、外出をするときだけでなく毎日のお手入れとして紫外線対策をするようすることをおすすめします。
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。