にきび痕の治療としてビタミンC誘導体

にきびの痕とういのは、残ってしまっているのを見てしまうと本当に悲しくなってしまいますよね。

にきび痕の治療法のひとつとしてリン酸型ビタミンC誘導体というのがあります。

リン酸型ビタミンC誘導体と言うのはビタミンCとリン酸がくっついたものと考えていただけたらいいと思うのですが、通常のビタミンCの10倍にものぼる効果が期待できる成分になっています。

ではにきび痕にはどういった効果が得られるのでしょうか。

まずはメラニンを薄くする効果がありますので、にきび痕として残ってしまった色素沈着のシミに対して効果が得られます。

また、色素沈着をメラニンの合成を阻止することから防止することが可能です。

次に抗酸化作用があるのでにきび痕で赤みが帯びたものに対して作用してくれる可能性があります。

にきび痕の凸凹に対応するコラーゲンの生成を促します。

また、リン酸型ビタミンC誘導体が配合されたローションなんかも病院で調合されたり、市販されていたりしますので意外と手に入れやすいです。

また使い方は普通の化粧水と同じような感じですのでまんべんなくお肌に直接つけてあげるようにしてください。

浸透力を高めるためにラップしたり、マスクを使ったりするのも効果があります。

またまれに肌トラブルを起こす場合がありますが、これは肌が慣れていないせいなので慣れるまでは少しずつ付けていく方向がいいと思います。

ぜひにきび痕を改善させていくように治療法として検討してみてください。
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。