にきび痕は何故できるのか?

にきびと言うと10代の人によく出ているといったイメージがありますよね。

そのとおり、にきびは思春期の男女の多くの人にでていて、思春期には性ホルモンの分泌が増加されるので、皮脂の分泌も多くなるということが原因のようです。

皮脂が増えると毛穴を塞いでしまいます。

そうなると後からでてきた皮脂が皮脂腺から出られなくなり、にきび菌と交じりあって様々な炎症を起こすようになります。

これがにきびと言うことになります。

にきびができてしまうと気になって触ったり、潰したりしてしまう人がいますがこうしてしまうと痕が残ってしまう可能性があります。

にきびは10代の思春期の時期にしかできないと思っている方がいたらそれは間違いです。

20代でも30代でもにきびができる人はできてしまいます。
この差は遺伝的要素があるようです。

思春期のときのにきびはともかく、大人になってからのにきびは放っておいてしまうと炎症も酷くなってしまったり、治りにくくなってしまったりしてしまいます。

そうなると、にきび痕が後から後からできてしまい、最悪の場合には消えなくなってしまう可能性もあるのです。

ですからきちんとケアや治療をするようにしてできてしまったにきびの痕を残さないようにすること、またはにきびを出来ないようにすることがとても大切になるのです。

にきびができてしまったら「たかがにきびでしょ」と軽く見ないようにすることが後々きれいな肌を守る秘訣となります。

ルエモ 口コミ OLダイエット 効果
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。