にきび痕がクレーターになってしまったら

大人の人がにきびになってしまうと、その経過しだいではクレーター状態に痕がなってしまう可能性があります。

こうなってしまったら自然治癒力ではどうしようもありません。

ですから、レーザー治療をしてみることをお勧めしたいと思います。

にきびが出来てしまって、その治療を行っている場合、治療が失敗する可能性があります。

そうするとにきび痕がクレーター状になってしまうことがあります。大人は10代の頃に比べて新陳代謝が活発ではありません。

ですから傷も治りにくくなってしまいますので出来れば皮膚科などの専門医に相談してみることが大切となります。

主な治療方法としてはケミカルピーリングやレーザー治療などがあります。

しかし初めてこの方法を行おうとする人にとっては、どの位痛みがあるのか、失敗しないのかどうしても躊躇してしまいます。

現在ではケミカルピーリングもレーザー治療もどちらもにきび痕の治療としては確立しておりますので、さほど不安になる必要もないと思います。

また治療には時間も料金もかかりませんので安心して治療をしてください。

しかし、こういった治療をしなくてもいい場合もありますので、できれば形成外科、皮膚科などを受診して、自分の肌状態を診てもらい最適な治療方法を施してもらうことがいいと思います。

そうしてもまだ心配な場合なら、セカンドオピニオン的な考えとして別の病院に行ってみて別な診断をもらってみることもお勧めします。

ルエモ ダイエット ティモシエ
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。