にきび痕の治療としてビタミンC誘導体

にきびの痕とういのは、残ってしまっているのを見てしまうと本当に悲しくなってしまいますよね。

にきび痕の治療法のひとつとしてリン酸型ビタミンC誘導体というのがあります。

リン酸型ビタミンC誘導体と言うのはビタミンCとリン酸がくっついたものと考えていただけたらいいと思うのですが、通常のビタミンCの10倍にものぼる効果が期待できる成分になっています。

ではにきび痕にはどういった効果が得られるのでしょうか。

まずはメラニンを薄くする効果がありますので、にきび痕として残ってしまった色素沈着のシミに対して効果が得られます。

また、色素沈着をメラニンの合成を阻止することから防止することが可能です。

次に抗酸化作用があるのでにきび痕で赤みが帯びたものに対して作用してくれる可能性があります。

にきび痕の凸凹に対応するコラーゲンの生成を促します。

また、リン酸型ビタミンC誘導体が配合されたローションなんかも病院で調合されたり、市販されていたりしますので意外と手に入れやすいです。

また使い方は普通の化粧水と同じような感じですのでまんべんなくお肌に直接つけてあげるようにしてください。

浸透力を高めるためにラップしたり、マスクを使ったりするのも効果があります。

またまれに肌トラブルを起こす場合がありますが、これは肌が慣れていないせいなので慣れるまでは少しずつ付けていく方向がいいと思います。

ぜひにきび痕を改善させていくように治療法として検討してみてください。
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕の治療法『ケミカルピーリング』

にきび痕の治療法として『ケミカルピーリング』という方法があることをご存知でしょうか。

ケミカルピーリングと言うのは簡単に言うと古くなってしまった角質を酸で除去すると言うものです。

酸と言っても肌に負担がかからない程度に刺激が少ないものですので安心なのと、角質がなくなることにより肌のターンオーバーの力を促進させます。

そうなるとメラニン色素が体外に排出されるスピードが高まるためににきび痕による色素沈着を改善させていくことが、できるということになるのです。

また若干ではありますがコラーゲンの生成力も増すために凸凹状になってしまったにきび痕にも効果がでる可能性があります。

昔はピーリングというとエステや皮膚科などある機関にいって施術してもらうというような方法をとっていました。

しかし、今ではピーリング洗顔料やクリームなど市販されているものを使用して手軽に自宅でピーリングをする人も大いにいらっしゃるようです。

ピーリング洗顔は通常の洗顔と同じような感じで洗い流しましょう。ただし優しく顔をこするようにしてくださいね。

また毎日する必要はありません。週に1回くらいを目安にしてみることをおすすめします。

ピーリングが終わったら放っておかずに必ず化粧水などで保湿をしっかり行うようにすることが大切です。

また注意点ですがピーリング後は肌への負担が大きくなりますのでできるだけ紫外線に当たらないようにしましょう。

また必ずパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線とにきび痕

にきび痕と紫外線について説明してみたいと思います。

紫外線をよくUVと言いますが、これは太陽光に含まれている目に見えない光成分の事を指しています。

この光成分には強いエネルギーが含まれているようなのです。

紫外線には3種類の種類があって、紫外線A波と呼ばれるUVA、紫外線B波と呼ばれるUVB、紫外線C波と呼ばれるUVCがあります。

紫外線3種類のうち、UVCはオゾン層で既に吸収されてしまうために、私たちのところまで届くことはありません。

ですから私たちが肌で感じることができる紫外線というのはUVAとUVBの2種類になります。これがにきび肌にダメージを与えたり、にきび痕を残しやすくしたりしてしまう原因となるのです。

UVAという紫外線は波長の長い紫外線です。

この紫外線を浴びてしまうと、ヒアルロン酸が分解されてしまいます。

このヒアルロン酸というのは肌の水分保持に関係している成分で無くなってしまうと肌の乾燥が進んでしまい、肌が硬くなる可能性があります。

肌が硬くなってしまうとにきびの痕も残りやすくなってしまう肌質になる可能性があるということになるのです。

またUVAはコラーゲンなどの肌弾力に関係ある成分も壊してしまうために、にきびの痕を凸凹状にしてしまう原因となってしまいます。

ですからにきび痕を残さないようにするためにも、外出をするときだけでなく毎日のお手入れとして紫外線対策をするようすることをおすすめします。
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕になってしまう原因について

にきびが出来てしまったからといってすべてのにきびが痕になるわけではありません。

にきびの痕ができてしまうかどうかは、その出来てしまったにきびの重症度によって決まります。一般的にいうと、肌質が硬い人は角質部分が厚いので比較的ににきびが悪化しやすい肌質のようで、にきび痕になりやすいという傾向があります。

にきび痕ができる理由としては、にきびというのは炎症性のもので、毛穴につまった皮脂を分解するときに刺激物を肌に生産しています。

これがにきびなのですがこの刺激物というのは重度になればなるほど皮膚細胞を破壊してしまうために、にきび痕が出来てしまうということになります。

にきびが軽度の場合には、炎症自体は肌の表皮部分でのみ起こっているために痕になるということはあまりありません。

次に中度のにきびの場合は、にきびによって生産される刺激物によって毛包壁が破壊されてしまいにきびの痕になりやすくなってしまいます。

さらに重症になってにきびが重度になってしまった場合では、にきびの炎症によってコラーゲンなどが損傷してしまって真皮部分にまで影響を及ぼしてしまうためににきび痕ができてしまうということになります。

どの重症度によっても、にきびの炎症によって皮膚細胞が破壊されてしまうとにきび痕になってしまう可能性が出てくるということになります。

また、破壊された度合いが大きければ大きいほど、肌の回復力が遅くなってしまい、完治に長い時間がかかってしまうということになります。
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕の種類2

にきび痕には種類があるといわれています。

ここでは、色素沈着が残ってしまうことでおきるにきび痕について説明してみたいと思います。

にきび痕の色素沈着というのはメラニン色素が肌の表皮に沈着して起こるシミみたいなものです。

色素沈着というのは徐々に薄くなっていくようになっているのですが、なぜ沈着してしまった色素が薄くなっていくのかというと、表皮に沈着してしまったメラニン色素が肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって色素が肌の外側に押し出されてしまう為です。

ただし、この薄くなるという現象はメラニン色素が表皮に沈着している時にのみ当てはまることで、真皮にメラニン色素が入ってしまうと自然の力では治すことが出来ないということになります。

対策方法としては、ケミカルピーリングが効果的であると考えられます。

このケミカルピーリングという方法はターンオーバーを促進することが出来る方法といえ、メラニン色素が沈着してしまうというメラノサイトという物質の活動を抑えてくれる効果も同時に得ることが出来ます。

次に、凸凹に残ってしまうにきび痕について説明します。にきびの炎症というのが皮膚細胞を破壊する場合があります。

この破壊活動が真皮まで起こってしまうと、肌が変形してしまうのです。
これが凸凹している理由になります。

こういった状態になってしまうとなかなか完治することは難しいといわれています。

しかし目立たなくすることは可能ですのでスキンケア化粧品、ケミカルピーリングなどコラーゲンを生成させる作用がある対策方法を施すと凸凹が目立たなくなる可能性があるのではないかと言われています。
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。