にきび痕の種類と予防

にきび痕には大きく分けて3つの種類があると言われています。

どういう種類があるのかというと以下のような種類があります。

・にきび痕がケロイド状に盛り上がってしまっているもの。
・にきびが炎症を起こしてしまい、肌組織を壊してしまって治る過程でクレーター状にへこんでしまったもの。
・にきびの痕が色素沈着してしまい、黒ずんでしまったもの。

こういったにきび痕はできてしまったら自然治癒が難しかったり、治療してもなかなか治らなかったりします。

化粧品などでにきび痕を隠したりするのにも、限界があると思います。

クレーター状や盛り上がってしまったにきび痕に関しては最悪の場合、一生消えない可能性もありますので、できれば予防をする方を重点的に考えてみるのがいいと思います。

まず大事なことはにきびが出来ないようにすることです。もしできてしまったらそのにきびを引っ掻いたり、潰したりしないことです。

また、常に肌を清潔に保つよう心がけ、脂肪分や糖分などの過剰摂取を控え食生活や生活リズムなどを整えることも大きなポイントとなります。

また皮脂と汗のバランスをとることも肌には大切ですので、夏にはクーラーに当たりすぎたりして肌が乾燥してしまうことを防ぐようにしましょう。

またもともと乾燥肌の人など水分が少ない人は洗顔に皮脂を取りすぎないように弱酸性の洗顔料を使用したり、化粧水などで水分補給をしてあげたりすることがにきび防止に繋がります。
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕の種類

にきび痕というのは大きく分けてみて3つに分かれると思います。

・赤みが残るタイプのにきび痕
・色素沈着が残ってしまうにきび痕
・にきびが凸凹して残ってしまうにきび痕

以上のような3つのタイプに分かれます。どのタイプに属するかによって対策方法が違ってきます。

ここでは赤みが残るにきび痕についてご説明してみたいと思います。

にきびの痕が赤く残るということは、炎症が肌の内部に残ってしまっているために起こっている赤みになります。

この炎症というのは時間をかけることにより沈静してくれますので結果的には消えるものだと思います。

では、どれだけの時間が経つと赤みが消えるのでしょうか?

それは個人の体質、肌質によって違いますので一概に言えませんが、早い人で数日〜数週間、遅い人では最悪数年間経ってしまう場合もあります。

対策法ですが、赤みがあるにきび痕は炎症が原因となっていますので、にきび痕に効果がある成分が配合されているスキンケア化粧品を使うことが効果的なのではないかといわれています。

たとえばビタミンC誘導体やフラーレンなどの抗酸化成分が入っていれば炎症を沈静させてくれるのではないでしょうか。

また、赤みが残ってしまった場合には外を歩くときなど紫外線に注意するようにしなければなりません。

紫外線というのは炎症を促進させてしまう効果がありますので、治りが遅くなってしまいます。

また、紫外線を浴びすぎてしまうと、炎症が悪化し色素沈着してしまう可能性もありますので是非注意したいところだと思います。
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕が出来る原因

にきび痕というのは、にきびの炎症を悪化させてしまって治る過程において、シミのように赤く残ってしまったり、肌表面が凸凹してクレーター状になってしまったりする状態の事を指します。

にきびの痕というのは悪化させることにより出来てしまうので、そうならないためには、にきびを悪化させないようにすること、もっといいのはにきびが出来ないようにすることが大切であると思います。

ただ、出来てしまったにきびの痕を完治させるというのは本当に難しくて、一生消えないで残ってしまう場合も大いに有り得るのです。

ですから、そうならないように予防することが大事になるのですが、にきびの痕が出来る原因というのをまずは知っておきましょう。

にきびの痕が出来てしまう原因としては、大人のにきびを放っておいて何も治療しなかった場合や、にきびを無理に潰してしまった場合とか、寝具などにきびに触れるようなものが清潔ではない場合などといったような事が挙げられます。

またこれは元々の肌質によりますが肌が乾燥肌の人の場合は、比較的にきびの痕が残りやすいと言われています。

にきびというのは、毛穴の中にあるにきび菌とか皮脂が溜まってしまうことで活発化してしまいます。

これは炎症を起こしてしまう状態のことで、もともとにきび自体が炎症なのですから、それを悪化させると痕が残ってしまうということになります。

こういった原因をよく把握した上で、にきびが出来てしまったら予防していくようにすることが大切です。
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕=傷

にきび痕というのは、簡単に言ってしまうと「傷」ということになります。

大人になって出来てしまったにきびを潰してしまったり、薬も塗らずに放っておいたりすると皮膚組織が破壊されてしまいます。

この破壊された皮膚状態のことを「にきび痕」「クレーター」などと呼ばれています。

一般的ににきび痕は「傷」と同じような扱いになります。

傷というのは時間が経つと自然に消えていくものですが、傷がひどい場合は治りきらずに傷跡が残ってしまう場合があります。

傷を肌に作ってしまうと皮膚にある「繊維芽細胞」という細胞がコラーゲンを作り出して出来た傷を修復しようとします。

これは新陳代謝がうまく働いているときにはうまくいくのですが、傷口の周囲部分の新陳代謝が悪い場合は傷の修復自体がうまくいかなくなってしまいます。

そうなると傷痕が残ってしまうということになります。

通常の場合、傷をしたら修復するまでは6ヶ月〜1年位かかります。

しかし、傷が何らかの理由により化膿してしまったり、傷口が修復せず長期にわたってしまったりして治らない場合は、「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」という傷口が赤く盛り上がってしまう状態になってしまいます。

これは傷口が修復していく状態のときにコラーゲンの算出が過剰になってしまった場合に起こる状態のことです。

この状態を「ケロイド」というように呼ぶ方もいます。

このように、にきびの痕というのも傷と同じだということがわかると思います。
タグ:にきび痕
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕が発生してしまう経緯

にきび痕と言うのはにきびを悪化させてしまった結果に起こるものです。

言ってしまえばにきびにさえならなければ、にきび痕も起こらないということになるのです。

ですからトラブルの大元のにきびが出来るのを予防したり、にきびが出来ても治療したりすることがとても大切なのです。

にきび痕が発生してしまう経緯は以下の通りとなりますので参考にしてみてください。

【にきびができる】
    ↓
【炎症が進んでしまう】
    ↓
【にきび菌が増殖してしまう】
※皮膚が弱くなってしまうためにさまざまな菌が入る可能性も高くなります。
    ↓
【膿胞へ変化する】
    ↓
【組織の破壊】
※菌が皮膚の真皮部分にまで達してしまい、組織を破壊していきます。
    ↓
【表皮細胞の活性化】
※皮膚が再生しようとして活性化する現象です。
    ↓
【色素の細胞の活性化】

というような流れでにきび痕が出来てしまうということになります。

また、にきび痕ができてしまう原因としては、にきびケアが間違っている場合、にきびを放置した場合、寝具など肌に触れるものが不潔なため菌が増殖してしまった場合、などが挙げられます。

にきびは悪化させてしまうと痕になってしまう可能性が高いので、にきび治療とにきび痕治療を並行に行っていくとより効果的なのではないかと思います。

にきびができる原因、できる流れをよく把握するようにして、にきび自体を甘くみないようにして治療を進めていくことが、結果的にきれいな肌が取り戻せることに繋がるということになると思います。
posted by lemon | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足だけ痩せる
限定199名!今だけ無料!
脚だけ痩せる究極のダイエットを見てみる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。